Soracom

Users

スタートガイド

セットアップする

当ガイドでは、ビーコン対応 GPS トラッカー GW (以下、ビーコン GW) をキッティングし、データを送信するための準備をする方法を説明します。当ガイドの前提は以下の通りです。

ステップ 1: ドライバーとキッティングツールをセットアップする 

ドライバーのインストールやキッティングツール初回起動時にて、セキュリティの警告が出る場合があります。「詳細情報」> 「実行」のクリックによりインストールや起動が継続できます。

ドライバーのセットアップ 

以下 URL のメーカー Web サイトよりダウンロードします。

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/iot/development/download/

ダウンロード後、exe ファイルを実行してドライバーをインストールします。

キッティングツールのセットアップ 

キッティングツールは PC よりビーコン GW を設定するためのツールです。ダウンロードページ よりダウンロードします。

ダウンロード後、exe ファイルを実行してキッティングツールを起動します。

セットアップの確認 

ドライバーのインストールとキッティングツールの起動が完了した状態で USB にてビーコン GW を PC に接続し、キッティングツールの「端末へダウンロード」ボタンをクリックします。「ポート」にて COMXX が確認できればセットアップ完了です。

ステップ 2: SIM を取り付ける 

ボタンを押す際には付属の SIM ピンなど先の細い棒状のものをご使用ください。なお安全ピンなどの先のとがったものでボタンを押すと、防水部品が破損する恐れがあります。

デバイスを機内モードに遷移する 

SIM カードの抜差しは機内モードにて実施します。LED ランプ横のボタンを 4 秒以上押すと、LED ランプが緑から赤に変化します。赤 LED ランプが 3 秒点灯後、橙 LED ランプが 1 秒点灯し、消灯します。消灯後ボタンを離せば、機内モードへ遷移します。ボタンは付属の SIM ピンなどを用いて押してください。

SIM カバーを取り外す 

SIM カバー右上にある凹みに SIM ピンを引っ掛けて SIM カバーを取り外します。取り外した SIM カバーや SIM トレイの紛失には気をつけてください。

SIM トレイを取り外す 

ツメに指をかけトレイをまっすぐに引き出します。トレイが引き出しにくい場合は、トレイのツメ部分に SIM ピンやご自身の爪などをひっかけて引き出してください。

SIM を取り付ける 

画像のように、前後・上下の向きに注意して SIM を取り付けます。その後、奥まで差し込み SIM カバーを取り付けます。

ステップ 3: SORACOM と接続する 

LED ランプ横のボタンを 1 秒以上押すと通常モードに遷移し、通信を開始します。SORACOM ユーザーコンソールの SIM 管理画面より取り付けた SIM が「オンライン」となっていることを確認してください。