Soracom

Users

スタートガイド

送信されるデータフォーマット

GPS マルチユニットから送信されるペイロードは、以下のプロパティおよび値を JSON 形式で準備したあとに Base64 形式でエンコードして生成しています。ただし、Harvest Data や Lagoon でデータを確認する場合や、Funnel や Funk を利用して転送する場合は、各サービスで自動的にデコードされるため、以下のプロパティおよび値をすぐに確認できます。

プロパティ説明
lat緯度 (度)。-9090null: 測位失敗 (*1)
lon経度 (度)。-180180null: 測位失敗 (*1)
bat電池残量。-1: 充電中、13: 電池残量
rs電波強度。-1: 圏外、04: 電波強度
temp温度 (℃)。-2060
humi湿度 (%)。0100
x加速度 X (mG)。-81288128
y加速度 Y (mG)。-81288128
z加速度 Z (mG)。-81288128
type送信種別。0: 定期送信または加速度割り込み送信、1: 手動送信、-1: デバイスで一時的な問題が発生
  • (*1) 屋内など、場所によっては測位に失敗することがあります。場所の変更を検討してください。
送信されない場合や、null や異常値が送信される場合があります
  • 動作モードによっては、一部のプロパティが送信されない場合があります。
  • デバイスで一時的な問題が発生した場合 (type-1 の場合) は、各プロパティで null や異常値が送信される場合があります。

精度などの動作保証範囲については、製品仕様 を参照してください。

mG は加速度の単位で G の 1000 分の 1 です。たとえば、水平面上にファンクションボタンを上部にして、GPS マルチユニットを静止させた場合は、下方向に重力加速度がかかるため z が約 -1000 (mG) になります。

ペイロードのデコードについて

ペイロードのフォーマットは以下のとおりです。

{
  "payload": "eyJsYXQiOjM1LjcwMTM5OCwibG9uIjoxMzkuNjcyNjkyLCJiYXQiOjMsInJzIjo0LCJ0ZW1wIjoxNi4wLCJodW1pIjozMi40LCJ4IjowLjAsInkiOi02NC4wLCJ6IjotOTYwLjAsInR5cGUixxxx"
}

eyJs... の部分は Base64 形式でエンコードされています。Beam でデータを転送する場合は、転送先でデコードしてください。デコードすると、以下の JSON 形式のデータが取得できます。

{
  "lat": 35.0,
  "lon": 139.0,
  "bat": 3,
  "rs": 4,
  "temp": 16.0,
  "humi": 32.4,
  "x": 0.0,
  "y": -64.0,
  "z": -960.0,
  "type": 0
}
  • Harvest Data や Lagoon を使用してセンサーデータを確認する場合は、Harvest Data で自動的に Base64 形式でデコードされます。
  • Funnel や Funk を使用してセンサーデータを転送する場合は、各サービスで自動的に Base64 形式でデコードされます。