MENU

Soracom

Users

SORACOM Beam で位置情報をサーバーに転送する

このドキュメントでは GPS マルチユニット SORACOM Edition の位置情報を SORACOM Beam でサーバーに転送する方法について記載します。今回は動作確認のために転送先として HTTP リクエストを確認できる Web サービスである Mockbin を設定し、その様子を確認します。

Mockbin は株式会社ソラコムの提供するサービスではありません。以下の点にご注意いただきご利用ください。

  • ソラコムからのサポートはありません。
  • 送信されたデータの取り扱いを含むサービスの利用にあたってのプライバシーポリシーは Mockbin に準じます。ご不明な点は運営会社へお問い合わせください。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

GPS マルチユニット SORACOM Edition (以降、GPS マルチユニット) では Unified Endpoint にデータを送信します。 Unified Endpoint に対応する SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Funk、SORACOM Harvest Data のいずれかを設定することで、クラウドサービスと連携できます。

ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する

Mockbin は URL を発行し、その URL に送ったリクエストを確認できる Web サービスです。以下のサービスページへアクセスし、[Create Bin] ボタンをクリックします。

https://mockbin.org/

次のページでは何も変更せずに、[Create Bin] ボタンをクリックし URL を発行します。

ブラウザのアドレスバーに表示される https://mockbin.org//bin/XXXXX/ を Beam の転送先として利用するので、URL の bin/XXXXX/ 部分の文字列(パスとして指定する部分) をコピーしテキストエディタなどに控えておきます。

ステップ 2: ユーザーコンソールの GPS マルチユニットメニューから GPS マルチユニットを確認する

ユーザーコンソールの GPS マルチユニットメニュー から登録した GPS マルチユニットを確認します。登録が済んでいない場合は SORACOM Harvest Data で簡単に可視化する のステップ 2 までを完了してください。

ステップ 3: SORACOM Beam を設定する

ユーザーコンソールの GPS マルチユニットメニュー より、設定したい GPS マルチユニットを選択し、[グループ変更設定変更]をクリックします。なお所属するグループを変更したい場合はデバイス設定を一度削除し、再度新規デバイス設定として設定します。

[SORACOM Beam 設定] グループに設定を追加します。[ + ] - [UDP → HTTP/HTTPS エントリポイント] をクリックします。

[SORACOM Beam - UDP → HTTP/HTTPS 設定] ダイアログが開いたら、以下を入力し保存します。デバイス設定変更の場合と異なり、グループ設定変更においてはファンクションボタンの押下は不要です。

項目名備考
ホスト名mockbin.org
パス/bin/XXXXX/ステップ 1 でコピーした文字列をペーストします
IMSI ヘッダON必須ではありませんが、転送先でどの GPS マルチユニットからの情報かを識別するために利用できます
ステータスコードを省略ONGPS マルチユニットに関してはステータスコードは不要です

ステップ 4: Mockbin でデータのアップロードを確認する

ファンクションボタンを短押し (約 1 秒間) すると、定期送信の設定に関わらず、センサーデータ(電波強度・位置情報・加速度・温度・湿度・電池残量)を送信できます。 または、デバイス設定にて設定した GPS マルチユニットの送信間隔を合わせてデータが送信されるのを待ってください。 SORACOM Harvest Data で簡単に可視化する のドキュメントで SORACOM Harvest Data へデータを送信するよう設定していれば、SORACOM Harvest Data を確認することでデータが送信されたか判別できます。

データが送信されたら Mockbin の画面で [View History] ボタンを押し、Beam によって転送されたリクエストを確認します。

リクエスト毎に詳細を確認できますので、確認したいリクエストをクリックし、詳細を確認します。

x-soracom-imsi ヘッダには GPS マルチユニットに搭載された SIM の IMSI が確認でき、リクエストボディには送信されたデータの内容が Base64 エンコードされていることが確認できます。この Base64 エンコードされたデータをデコードすると JSON 形式のデータが確認できます。Base64 デコードには こちらのサイト などをお使いください。

デコードされた JSON の要素は以下の通りです。デバイス設定によって、送信されない要素もあります。

項目名範囲説明
lat-90 ~ 90緯度
lon-180 ~ 180経度
bat1 ~ 3電池ピクト(3 段階)
rs-1 ~ 4アンテナピクト (-1 は圏外)
temp-20 ~ 60温度
humi0 ~ 100湿度
x-8128 ~ 8128加速度 X
y-8128 ~ 8128加速度 Y
z-8128 ~ 8128加速度 Z
type0 or 10:定期送信 1:ボタン押下時の送信

以上で SORACOM GPS マルチユニット SORACOM Edition のデータを SORACOM Beam で転送し、リクエストデータが確認できました。