Soracom

Users

スタートガイド

センサーデータを SORACOM Beam でサーバーに転送する

GPS マルチユニットで取得した位置情報などのセンサーデータを Beam を利用して任意のサーバーに転送できます。ここでは、Mockbin に転送します。Mockbin は、URL を発行して、その URL に送信した HTTP リクエストをブラウザで確認できる Web サービスです。

Mockbin はソラコムが提供するサービスではありません
  • ソラコムは、Mockbin に関するサポートを行いません。
  • Mockbin に転送されたデータの取り扱いを含むサービスの利用にあたってのプライバシーポリシーは Mockbin に準じます。ご不明な点は Mockbin の運営会社へお問い合わせください。
Beam の利用料金が発生します

Beam の利用には料金が発生します。詳細は SORACOM Beam のご利用料金 を参照してください。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) ユーザーコンソールに GPS マルチユニットを登録する

ユーザーコンソールに GPS マルチユニットを登録します。詳しくは、STEP 3: SORACOM ユーザーコンソールに GPS マルチユニット SORACOM Edition を登録する を参照してください。

準備完了

ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する

  1. https://mockbin.org/ にアクセスし、[Create Bin] をクリックします。

    Bin Builder 画面が表示されます。

  2. 設定を変更せずに、[Create Bin] をクリックします。

    URL が発行されます。この URL には、ステップ 4: Mockbin でデータを確認する でアクセスします。ブックマークなどに保存してください。

  3. ブラウザのアドレスバーに表示されている /bin/XXXXX/ (先頭の https://mockbin.org および末尾の view を除く) をコピーして、テキストエディタなどに控えます。

    この値は、ステップ 2: Beam を設定する で使用します。

ステップ 2: Beam を設定する

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインし、カバレッジタイプを「日本」に変更します。

  2. [Menu][ガジェット管理][GPS マルチユニット] の順にクリックします。

    ユーザーコンソールのGPSマルチユニットメニュー ユーザーコンソールのGPSマルチユニットメニュー

  3. GPS マルチユニットで利用する IoT SIM にチェックを入れて、[SIM グループを編集] をクリックします。

    所属する SIM グループを変更するには、[設定削除][設定を解除する] の順にクリックしてデバイス設定を一度削除し、[GPS マルチユニットを追加] をクリックします。

  4. [SORACOM Beam 設定][+][UDP → HTTP/HTTPS エントリポイント] の順にクリックします。

  5. 以下の項目を設定し、[保存] をクリックします。

    項目名備考
    [ホスト名]mockbin.org
    [パス]/bin/XXXXX/
    (末尾の view を除く)
    ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する の最後の手順でコピーした文字列をペーストします
    [IMSI ヘッダ]ONどの GPS マルチユニットからのデータかを、転送先のサーバー (Mockbin) で識別するために利用します
    [ステータスコードを省略]ONGPS マルチユニットは、ステータスコードを処理しません。データ通信量を抑えるために ON にします。

ステップ 3: データを送信する

GPS マルチユニットからデータを送信 します。

ステップ 4: Mockbin でデータを確認する

  1. Mockbin のページで [View History] をクリックします。

    Mocbin のページは、ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する でブックマークに保存したページです。

  2. 確認するデータの をクリックします。

    特に、以下のデータを確認してください。

    データ説明
    x-soracom-imsi ヘッダー
    ([Request Details]headers[].name = x-soracom-imsi)
    GPS マルチユニットに挿入した IoT SIM の IMSI
    payload
    ([Request Body] を参照)
    GPS マルチユニットから送信されたセンサーデータ (位置情報など)。なお、payload の値 (赤字の"" 内の値) は、送信されるデータフォーマット で説明されているペイロードが Base64 形式でエンコードされたデータです。この値を https://www.base64decode.org/ などでデコードすると、送信されたセンサーデータを確認できます。
Mockbin でデータを確認できない場合はセンサーデータを Harvest Data にも送信してください

Mockbin にデータが送信されない場合は、GPS マルチユニットの設定に問題があるか、Beam または Mockbin の設定に誤りがあるかを切り分けるために、STEP 4: 動作モードを SORACOM ユーザーコンソールで設定する の手順に従って、[送信先][SORACOM Harvest Data (Lagoon)] をオンにしてから、データを送信してください。その結果、Harvest Data にデータが送信された場合は、Unified Endpoint へのデータ送信は成功しています。Beam または Mockbin の設定を見直してください。もし、Harvest Data にもデータが送信されない場合は、電池残量を確認し、電波状況が良い場所で操作してください。