Soracom

Users

スタートガイド

SORACOM Lagoon でデータを確認する

GPS マルチユニットのセンサーで取得して Harvest Data に保存したデータを、 Lagoon の Dashboard で確認できます。

Lagoon のサンプルダッシュボード:

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) GPS マルチユニットのセンサーで取得したデータを Harvest Data で確認する

GPS マルチユニットのセンサーで定期的に温度データなどを取得し、取得したデータを Harvest Data に保存します。Harvest Data に保存したデータは、グラフや地図で確認できます。詳しくは、SORACOM Harvest Data でデータを確認する を参照してください。

(2) Lagoon の利用を開始する

Harvest Data に保存したデータを Lagoon で利用するために、Lagoon を有効化してログインできることを確認します。詳しくは、SORACOM Lagoon の利用を開始する を参照してください。

準備完了

ステップ 1: Lagoon のサンプルダッシュボードを準備する

Lagoon の Dashboard を作成する手順を少なくするために、サンプルダッシュボードを利用してテンプレートを作成し、Lagoon にインポートます。

  1. GPS マルチユニット サンプルダッシュボード にアクセスし、[このダッシュボードを使う] をクリックします。

  2. GPS マルチユニットに挿入した IoT SIM の IMSI を入力して、[テンプレートを作成する] をクリックします。

    IMSI は GPS マルチユニット画面や SIM 管理画面でコピーできます
    • GPS マルチユニット画面は、ユーザーコンソール にログインして [メニュー][ガジェット管理][GPS マルチユニット] の順にクリックすると表示できます。
    • SIM 管理画面は、ユーザーコンソール にログインして [メニュー][SIM 管理] の順にクリックすると表示できます。

    テンプレートのインポート画面が表示されます。

  3. [クリップボードにコピー][SORACOM Lagoon でインポート] の順にクリックします。

    Lagoon の Import 画面が表示されます。

    テンプレートをダウンロードする場合は、テンプレートのインポート画面で [JSON ファイルとしてダウンロード] をクリックします。

  4. [Import via panel json] に、手順 3 でクリップボードにコピーした JSON を貼り付けて、[Load] をクリックします。

    Windows の場合は Ctrl + V (Ctrl キーを押しながら V キーを押す)、Mac OS の場合は ⌘ (Command) + V (⌘ キーを押しながら V キーを押す) で貼り付けできます。

    JSON が貼り付けられなかったときは、手順 3 の [クリップボードにコピー] をもう一度クリックしてから、貼り付けてください。

    Options 画面が表示されます。

  5. [Name] で Dashboard の名前を確認して、[Import] をクリックします。

    Dashboard が作成されます。

    Dashboard の作成可能数には Lagoon のプランごとに上限が設定されています

    すでに Lagoon で Dashboard を作成している場合、「作成数の上限に達しています」と表示されたときは、不要な Dashboard を削除してから、再度インポートしてください。削除する操作については、Dashboard を削除する を参照してください。削除できる Dashboard がなければ、プランのアップグレードを検討してください。プランの変更については、プランの変更方法 を参照してください。

ステップ 2: Dashboard および Panel をカスタマイズする

作成した Dashboard は、複数の Panel で構成されています。 Panel をドラッグして配置を変更したり、 Panel のタイトル → [Edit] の順にクリックして Panel の設定を変更したりできます。

ここでは、各 Panel の設定について簡単に説明します。説明を参考に、自由にカスタマイズしてください。

Panel説明
現在の電波強度

電波強度を、弧状のグラフ (Gauge) で表示します。

現在のバッテリー残量

電池残量を、棒グラフ (Bar Gauge) で表示します。

現在の表・裏の向き

加速度 Z を利用して、表の画像 (z-800.png)、裏の画像 (z--800.png)、表裏が不明の画像 (z-0.png) を Soracom Dynamic Image Panel で表示します。

  • 可視化プレビューセクション で、表示するデータの時間範囲を設定します。
  • Query で、Panel に表示するデータソース (Harvest)、IoT SIM、およびデータの種類 (z) を選択します。
  • [Mode]Dynamic を選択して、画像の URL を設定します。[Round value] をオンにして、[Minimum value][Interval][Maximum value]-8001600800 に設定することで、z の値に応じて画像を変化させます。
    • z が -800 より小さい場合: z--800.png (表向き)
    • z が -800 と 800 の間の場合: z-0.png (向きが不明)
    • z が 800 より大きい場合: z-800.png (裏向き)
温度・湿度

温度と湿度を、折れ線グラフ (Graph) で表示します。

  • 可視化プレビューセクション で、表示するデータの時間範囲を設定します。
  • Query で、Panel に表示するデータソース (Harvest)、IoT SIM、およびデータの種類 (temp および humi) を選択します。
  • Display で、グラフの種類 (折れ線グラフ) を設定します。
  • Series overrides で、系列ごとに線の色や Y 軸の位置 (右、左) を設定します。
  • Axes で、X 軸と Y 軸の表示を設定します。
  • Legend で、凡例の表示を設定します。
データの履歴

過去のデータを、表 (Table) で表示します。

デバイスの位置

位置情報 (緯度および経度) をもとに、デバイスの位置を地図 (Soracom Map Panel) で表示します。

  • 可視化プレビューセクション で、表示するデータの時間範囲を設定します。
  • Query で、Panel に表示するデータソース (Harvest)、IoT SIM、およびデータの種類 (lat および lon) を選択します。
  • Map Options で、地図の表示や、デバイスの位置を示す円の大きさ、データを時系列に結んだ線 (軌跡) の表示方法を設定します。
(タイトルなし)

「各パネル設定の解説」を、テキスト (Text) で表示します。

  • Display で、表示する内容を設定します。

ステップ 3: しきい値を超えたら通知する (Alert)

Lagoon では、データがしきい値を超えたとき (例: 温度が 30 ℃ を超えたとき) にメールなどで通知できます (Alert)。詳しくは、Alert 概要Alert を設定する を参照してください。

ステップ 4: Dashboard を共有する

Maker または Pro プランを契約すると、Lagoon の Dashboard を共有できます。詳しくは、Dashboard を共有する を参照してください。