Soracom

Users

スタートガイド

よくあるお問い合わせ

Enterprise ボタンのデータ通信量はどのくらいですか。 

クリック 1 回分のデータ通信量は、上り (upload) と下り (download) を合計して、500 B 程度です。この値は、SORACOM Harvest Data へのデータ送信で確認しています。したがって、クリック数が 1 日に 10 回、1 か月 (30 日に換算) に 300 回と仮定すると、1 か月のデータ通信量は約 146 KiB です。

なお、約 146 KiB のデータ通信料金は約 80 円です。データ通信料金について詳しくは、特定地域向け IoT SIM (plan-KM1) のデータ通信料金を参照してください。

基本料金、簡易位置測位機能、SORACOM Harvest、SORACOM Beam などのサービス利用料金は含んでいません。

データの可視化 (SORACOM Harvest Data) と簡易位置測位機能、メール送信を利用した場合の月額料金はどのくらいですか。 

上記「データ通信量はどのくらいですか。」と同じ条件の場合、月額料金は以下のとおりです。

機能月額料金 (1 か月を 30 日で計算)
特定地域向け IoT SIM (plan-KM1) 基本料金110 円
plan-KM1 データ通信料金 (上記 FAQ 参照)80 円
SORACOM Harvest 利用料金165 円
※1 日 5.5 円です。
簡易位置測位機能利用料金55 円
※750 回分の測位を含みます。
メール送信機能 (SORACOM Funk 利用料金 )1.1 円
※1 クリックあたり 0.00198 円です。
合計412 円

SORACOM Beam や SORACOM Funnel を利用した場合の料金については、以下のページを参照してください。

設定変更はどのタイミングで反映されますか? 

SORACOM ユーザーコンソールの [デバイス設定変更] および [SIM グループを編集] で設定した内容は、すぐに反映されます。

Enterprise ボタンは Unified Endpoint にデータを送信しています。Enterprise ボタン (ハードウェア) の設定を変更する必要はありません。

データはどのくらいの間隔で送信できますか? 

通信状況が良くて 8 ~ 10 秒の間隔、通信状況が悪いと 30 秒程度の間隔で送信できます。

Enterprise ボタンは、ボタンをクリックしてからデータ送信が完了または失敗するまでの間は、次のデータは送信できません。データ送信が完了または失敗するまでお待ちください。

電池消費の目安を教えてください。 

送信されるデータに、バッテリーレベル (電池消費の目安になる値) が含まれます。なお、最低値は 0.25 です。0.25 が送信されたら電池を交換してください。

過去に、数 100 回 ~ 1000 回程度クリックできた事例があります。

想定されるデータが送信されません 

Enterprise ボタンから送信されたデータ (バイナリ形式) は、バイナリパーサー によって JSON 形式に変換されて任意のサーバーやクラウドサービスに送信されます。特に、メール送信で利用しているクラウドサービスの Function では、JSON 形式のデータが送信されることを想定しています。

したがって、バイナリパーサーの設定に誤りがあると、想定されるデータが送信されません。

バイナリパーサーの設定は、LTE-M Button for Enterprise 管理画面 で Enterprise ボタンを登録したときに、自動的に設定されます。誤ってバイナリパーサーの設定を変更した場合は、以下の手順で再設定してください。

  1. LTE-M Button for Enterprise 管理画面 にアクセスします。

  2. Enterprise ボタンにチェックを入れ、[SIM グループを編集] をクリックします。

  3. [SORACOM Air for セルラー設定] をクリックします。

  4. [バイナリパーサー] を ON に設定し、[フォーマット]@button を入力して、[保存] をクリックします。

    バイナリパーサー