MENU

Soracom

Users

機能の説明

各種 SORACOM サービスの利用

Enterprise ボタンは、管理画面から設定して利用できる SORACOM サービス以外にも SORACOM Beam をはじめとした様々なサービスを利用することで外部のサーバーやクラウドと連携できます。連携のパターンは SORACOM LTE-M Button と各種クラウドを連携する | IoT デザインパターン を参照してください。

Enterprise ボタンのデータ送信先

Enterprise ボタンをクリックすると Unified Endpoint に UDP でデータを送信します。 Unified Endpoint は統合された一つのエンドポイントで SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Funk、SORACOM Harvest にデータを送信できます。

Unified Endpoint に対応する SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Funk、SORACOM Harvest のいずれかを設定を ON にすることで、Unified Endpoint に送信したデータを複製し、設定が ON となっている複数のサービスに転送できます。Unified Endpoint の詳細については、以下をご確認ください。

Getting Started: クリック種別、バッテリ残量をメールで送信する からメール送信を有効に設定すると レスポンスのフォーマットSORACOM Funk に設定され、メール送信を無効に設定すると SORACOM Harvest に設定されます。

(参考) バイナリパーサー

Enterprise ボタンからはバイナリ形式でデータが送信されています。Enterprise ボタンを管理画面より登録すると、送信されるデータを JSON 形式に変換する バイナリパーサー 機能が自動で設定されます。手動で設定する場合は、グループ設定より [SORACOM Air for セルラー設定] > [バイナリパーサー設定] > [フォーマット] に @button と指定してください。

バイナリパーサー