Soracom

Users

スタートガイド

機能の説明

Enterprise ボタンのボタンを、シングルクリック、ダブルクリック、または長押しすると、Enterprise ボタンから Unified Endpoint に UDP でデータ (クリック種別、バッテリ残量など) が送信されます。この送信先は変更できません。

一方で、Unified Endpoint に送信されたデータは、SORACOM BeamSORACOM FunnelSORACOM Funk を利用して、任意のサーバーやクラウドサービスに送信できます。また、SORACOM Harvest (SORACOM Harvest Data) を利用してデータを保存し、SORACOM Lagoon で確認することもできます。

SORACOM LTE-M Button for Enterprise の連携クラウド

※1 Enterprise ボタンは、Unified Endpoint にデータを送信します。データの送信先は、Enterprise ボタンの SIM グループで設定します。

※2 LTE-M Button for Enterprise 管理画面 でメール送信を有効にすると、ソラコムが管理する Function にデータが送信され、管理者あてにメールを送信できます。

※3 LTE-M Button for Enterprise 管理画面 で可視化を有効にすると利用できます。

メール送信機能では SORACOM Funk を利用しています
メール送信機能では SORACOM Funk を利用し、ソラコムが管理する Function を呼び出してメールを送信します。SORACOM Funk の設定を変更すると、メールが送信されません。
Enterprise ボタンのデータを連携するパターンについて
Amazone Web Services (AWS) や、Microsoft Azure、Google Cloud、IBM Cloud にデータを連携することもできます。詳しくは、SORACOM LTE-M Button と各種クラウドサービスを連携する を参照してください。

SORACOM ユーザーコンソールによる簡単な設定 

Enterprise の設定は、すべて SORACOM ユーザーコンソールで変更できます。Enterprise ボタン (ハードウェア) の設定を変更する必要はありません。

設定方法の詳細は、Getting Started の以下のページを参照してください。