MENU

Soracom

Users

Arduino から操作する

このドキュメントでは SORACOM LTE-M Button Plus を Arduino から制御する方法について記載します。 データ転送サービス Beam やデータ蓄積サービス Harvest との連携については Getting Started with SORACOM LTE-M Button for Enterprise をご確認ください。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • SORACOM LTE-M Button Plus の登録が完了していること
  • SORACOM Harvest の設定が完了していること

また、以下の部品を利用いたします。

  • SORACOM LTE-M Button Plus
  • Arduino UNO R3
  • 照度センサ DFR0026
  • リレースイッチ G6L-1P

ステップ 1: SORACOM LTE-M Button Plus と Arduino、リレースイッチ、センサーの配線を行う

SORACOM LTE-M Button Plusリレースイッチ G6L-1P にて制御する構成を作成します。 また、リレースイッチは 照度センサ DFR0026 のアナログ電圧出力を Arduino UNO R3 に入力し、Arduino UNO R3のデジタル出力を利用し リレースイッチ G6L-1P の接点オープン/ショートの制御を行います。

回路構成図の概要は以下の通りです。

ステップ 2: Arduino の設定を行う

SORACOM LTE-M Button Plus は接点をショートさせる(= HIGH)時間により、シングル・ダブル・ロングの3通りのメッセージを送ることができます。これはボタンのシングルクリック・ダブルクリック・長押しに相当します。

ソースコードは以下の通りです。

int message = 1; // type of message : 1 -> SINGLE, 2 -> DOUBLE, 3 -> LONG
int relayIn = 2;

void setup() {
    Serial.begin(9600);
    pinMode(relayIn, OUTPUT);
    digitalWrite(relayIn, LOW);
}

void loop() {
    int sensorValue = analogRead(A0);
    Serial.println(sensorValue);
        if (sensorValue > 800) {
            if (message == 1) { // message : SINGLE
            digitalWrite(relayIn, HIGH);
            delay(200);
            digitalWrite(relayIn, LOW);
        } else if (message == 2) { // message : DOUBLE
            digitalWrite(relayIn, HIGH);
            delay(200);
            digitalWrite(relayIn, LOW);
            delay(500);
            digitalWrite(relayIn, HIGH);
            delay(200);
            digitalWrite(relayIn, LOW);
        } else { // message : LONG
            digitalWrite(relayIn, HIGH);
            delay(1500);
            digitalWrite(relayIn, LOW);
        }
        delay(3000);
    }
    delay(1000);
}

Arduino UNO R3 にスケッチを書き込みを行なってください。

ステップ 3: SORACOM LTE-M Button Plus が動作することを確認する

書き込みを行なったのちにスマホの懐中電灯アプリ等で照度センサを照らすことで、SORACOM LTE-M Button Plus の LED が点灯していることが確認できます。 SORACOM Harvest を有効にしているとデータが保存できていることが確認できます。

SORACOM Harvest の設定については SORACOM Harvest Data を使用して SORACOM LTE-M Button for Enterprise のクリック種別、バッテリ残量を確認する をご確認ください。

注意:本構成は動作確認はされていますが、長期にわたる運用や動作環境、部品個々の安定性などについては未保証になっていますので、お手元の環境で確認されることをお勧めいたします。

以上で SORACOM LTE-M Button Plus を Arduino から操作できました。