Soracom

Users

スタートガイド

SORACOM Harvest Files に定期的に画像をアップロードする

S+ Camera シリーズ で定期的に画像を撮影し、SORACOM Harvest Files (以下、Harvest Files) にアップロードできます。さらに、SORACOM Harvest Data (以下、Harvest Data) をオンにすると、Harvest Data に画像のメタデータをアップロードできます。

利用料金が発生します

以下の利用料金が発生します。詳細はリンク先を参照してください。

画像のメタデータを Harvest Data にアップロードできます

サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload (定期画像アップロード) では、画像のメタデータを Harvest Data にアップロードする機能があります。画像のメタデータを利用する場合は、Harvest Data を有効にしてください

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) エッジコンピューターを準備して SORACOM ユーザーコンソールに登録する

詳しくは、S+ Camera シリーズの初期設定を行う を参照して、このページで説明されている操作をすべて行ってください。

準備完了

ステップ 1: サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload (定期画像アップロード) をインストールする

  1. Mosaic コンソール のデバイス一覧画面で、サンプルアルゴリズムをインストールする S+ Camera シリーズ のデバイス ID をクリックします。

    デバイス一覧画面 デバイス一覧画面

    デバイス詳細画面の [概要] タブが表示されます。

    概要 概要

    アルゴリズムタブが有効にならない場合は

    S+ Camera シリーズ の [ステータス] が ONLINE になっていない場合は、[アルゴリズム] タブが有効になりません。S+ Camera シリーズ の電源が入っていることを確認してください。

  2. [アルゴリズム][サンプルアルゴリズムをインストール…] の順にクリックします。

    サンプルアルゴリズムをインストール… サンプルアルゴリズムをインストール…

    アルゴリズム一覧が表示されます。

  3. [Periodic Image Upload][インストール] の順にクリックします。

    インストール インストール

    Periodic Image Upload のインストールが始まります。インストールには約 1 分かかります。

    インストールが完了すると、[現在のアルゴリズム] に「Periodic Image Upload」と表示されます。また、サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload が動作を開始します。

    インストール インストール

アップロード間隔 (秒) の設定

サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload では、一定期間ごとに Harvest Files の /cap/{Mosaic ID} に画像がアップロードされます。また、同じタイミングで Harvest Data に画像のメタ情報がアップロードされます。

以下の手順で [SORACOM_ENV_MODE]0 を指定すると、[SORACOM_ENV_WAIT] でアップロード間隔 (秒) を設定できます。

  1. デバイスの概要画面で [アルゴリズム] をクリックし、以下のパラメータを設定して、[適用] をクリックします。

    パラメータ説明
    [SORACOM_ENV_MODE]0 を入力します。
    [SORACOM_ENV_WAIT]アップロード間隔 (秒) を入力します。実際のアップロード可能間隔よりも小さい値 (例: 0) を指定した場合は、できる限り短い間隔でアップロードが繰り返されます。アップロード可能間隔は、S+ Camera シリーズ の仕様や IoT SIM (plan-D D-300MB) の通信速度 (速度クラス) によって異なります。デフォルトは 60 秒です。
    [SORACOM_ENV_FREE_PARAM]画像をアップロードする時間を指定できます。詳しくは、画像をアップロードする時間の制限 を参照してください。

    適用 適用

    約 15 秒後に、設定変更が完了したメッセージがブラウザ上部に表示されます。

    SORACOM_ENV_WAIT のデフォルトは 60 です
    [SORACOM_ENV_WAIT] のデフォルトは 0 が設定されているように見えますが、実際は 60 が設定されています。
  2. [OK] をクリックします。

    OK OK

画像をアップロードする時間の制限

[SORACOM_ENV_FREE_PARAM] に、以下のパラメータを指定した JSON を入力すると、画像をアップロードする時間を指定できます。

パラメータ (型)説明
upload_begin_time (integer)アップロード開始時間 (0〜24)。デフォルトは 0 です。
upload_end_time (integer)アップロード終了時間 (0〜24)。デフォルトは 24 です。

例: 9 時から 17 時の間のみアップロードする設定

{"upload_begin_time": 9, "upload_end_time": 17}

ステップ 2: 画像およびメタデータを確認する

画像の確認

サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload から Harvest Files に、定期的に WebP 形式の画像がアップロードされます。

アップロードされた WebP 形式の画像は、パソコンなどにダウンロードして確認できます。

プレビュー機能はありません

Harvest Files にはプレビュー機能はありません。画像や動画を確認する場合には、PC にダウンロードしてください。画像や動画をダウンロードすると、Harvest Files の ファイルエクスポート料金 が発生します。

  1. デバイスの概要画面で [アルゴリズム][開く][Harvest Files で開く] の順にクリックします。

    Harvest Files で開く Harvest Files で開く

  2. [cap/][{MOSAIC ID}/][{撮影年}/][{撮影月}/][{撮影日}/] の順にクリックします。

    cap/ cap/

    画像の一覧が表示されます。

  3. ダウンロードする画像の ダウンロード (ダウンロード) をクリックします。

    WebP 形式の画像がダウンロードされます。WebP 形式の画像は、ブラウザなどで確認できます。

メタデータの確認

サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload から Harvest Data にアップロードされたメタデータを確認します。

  1. デバイスの概要画面で [アルゴリズム][開く][Harvest Data で開く] の順にクリックします。

    Harvest Data で開く Harvest Data で開く

    [データ][一次処理済みデータ][グラフ用データ] が表示されます。データの差異やグラフ表示については、Harvest Data で可視化する を参照してください。

    サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload が付与するプロパティは以下のとおりです。そのほかのプロパティについては、S+ Camera シリーズの状態を取得する を参照してください。

    プロパティ説明
    fileHarvest Files に保存したパスとファイル名
    mode撮影モード
    cap : 静止画
    size画像のファイルサイズ
    timestamp画像をアップロードした UNIX 時間 (ミリ秒)

ステップ 3: サンプルアルゴリズムをアンインストールする

アルゴリズムは、S+ Camera シリーズ の電源が入っている間は動作し続けます。サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload をインストールしたまま電源が入っている間は、定期的に画像をアップロードし続けます。

必要なくなった場合は、サンプルアルゴリズムをアンインストールします。

アルゴリズムのアンインストールは、Inventory を経由して行います。デバイスの [ステータス]ONLINE が表示されていることを確認してください。

  1. デバイスの概要画面で [アルゴリズム][現在のアルゴリズムをアンインストール] の順にクリックします。

    現在のアルゴリズムをアンインストール 現在のアルゴリズムをアンインストール

  2. [OK] をクリックします。

    OK OK

    アンインストールが完了すると、サンプルアルゴリズム Periodic Image Upload が動作を終了します。また、[現在のアルゴリズム] に「アルゴリズムがインストールされていない」と表示されます。

    現在のアルゴリズム 現在のアルゴリズム