Soracom

Users

スタートガイド

ソラカメ対応カメラが検知したイベントを確認する

ソラカメ対応カメラが検知したイベントを確認できます。

すべてのソラカメ対応カメラが検知したイベントを確認する

  1. ユーザーコンソール にログインし、カバレッジタイプを「日本」に変更します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][ソラコムクラウドカメラサービス][イベント] の順にクリックします。

    イベント画面が表示されます。

    イベント画面には以下の機能があります。

    項目説明
    filteringイベントを日付と時刻でフィルタリングします。
    items-per-page1 ページあたりに表示するイベントの最大数を設定します。
    reload最新の情報に更新します。
    history前後のページを表示します。

    イベント画面に表示される項目は、以下のとおりです。

    項目説明
    [日時]イベントが検知された日時です。
    [デバイスタイプ]

    イベントが検知された日時ソラカメ対応カメラの種類です。

    • ATOM Cam 2
    • ATOM Cam Swing
    [デバイス]イベントが検知されたソラカメ対応カメラの名前です。クリックすると、デバイス管理画面が表示されます。
    [イベントタイプ]

    ソラカメ対応カメラが検知したイベントの種類です。

    • モーション: モーション検知
    • サウンド: サウンド検出
    • その他
    [イベント画像]イベントが検知されたときに撮影された画像です。
    [アクション]
    • [画像をダウンロードする]: [イベント画像] に表示された画像をダウンロードします。
    イベント画面を表示してから一定時間が経過するとダウンロードできなくなります

    イベント画面を表示してから一定時間が経過すると、[画像をダウンロードする] をクリックしても画像はダウンロードできません。イベント画面を再読み込みしてからもう一度操作してください。

    • [映像を確認する]: 「ストリーム映像を再生」画面が表示され、イベントを検知した時間から約 30 秒の間にクラウドに保存された動画を確認できます。また、「ストリーム映像を再生」画面で [開始時刻][終了時刻] を指定して、[ストリーミングを取得] をクリックすると、指定した時間にクラウドに保存された動画を、ストリーミング再生できます。
    動画の視聴可能時間 (1 か月 72 時間) が消費されます
    • [映像を確認する] をクリックするたびに、動画の視聴可能時間 (1 か月 72 時間) が約 30 秒消費されます。
    • [ストリーミングを取得] をクリックするたびに、[開始時刻][終了時刻] で指定した時間の分だけ、動画の視聴可能時間 (1 か月 72 時間) が消費されます。
SORACOM CLI / SORACOM API の場合

指定したソラカメ対応カメラが検知したイベントを確認する

任意のソラカメ対応カメラが検知したイベントを確認できます。

  1. ユーザーコンソール にログインし、カバレッジタイプを「日本」に変更します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][ソラコムクラウドカメラサービス][デバイス管理] の順にクリックします。

    デバイス管理画面が表示されます。

  3. イベントを確認するソラカメ対応カメラの名前をクリックします。

  4. [イベント] をクリックします。

    [イベント] タブには以下の機能があります。

    項目説明
    filteringイベントを日付と時刻でフィルタリングします。
    items-per-page1 ページあたりに表示するイベントの最大数を設定します。
    reload最新の情報に更新します。
    history前後のページを表示します。

    [イベント] タブに表示される項目は、以下のとおりです。

    項目説明
    [日時]イベントが検知された日時です。
    [イベントタイプ]

    ソラカメ対応カメラが検知したイベントの種類です。

    • モーション: モーション検知
    • サウンド: サウンド検出
    • その他
    [イベント画像]イベントが検知されたときに撮影された画像です。
    [アクション]
    • [画像をダウンロードする]: [イベント画像] に表示された画像をダウンロードします。
    [イベント] タブを表示してから一定時間が経過するとダウンロードできなくなります
    [イベント] タブを表示してから一定時間が経過すると、[画像をダウンロードする] をクリックしても画像はダウンロードできません。[イベント] タブを再読み込みしてからもう一度操作してください。
    • [映像を確認する]: 「ストリーム映像を再生」画面が表示され、イベントを検知した時間から約 30 秒の間にクラウドに保存された動画を確認できます。また、「ストリーム映像を再生」画面で [開始時刻][終了時刻] を指定して、[ストリーミングを取得] をクリックすると、指定した時間にクラウドに保存された動画を、ストリーミング再生できます。
    動画の視聴可能時間 (1 か月 72 時間) が消費されます
    • [映像を確認する] をクリックするたびに、動画の視聴可能時間 (1 か月 72 時間) が約 30 秒消費されます。
    • [ストリーミングを取得] をクリックするたびに、[開始時刻][終了時刻] で指定した時間の分だけ、動画の視聴可能時間 (1 か月 72 時間) が消費されます。
SORACOM CLI / SORACOM API の場合