Soracom

Users

スタートガイド

ボタンクリック時のデータを SORACOM Beam でサーバーへ転送する

Enterprise ボタンのボタンをクリックしたときに、クリック種別、バッテリ残量などのデータを SORACOM Beam (以降、Beam) を利用して任意のサーバーに転送できます。ここでは、Mockbin に転送します。Mockbin は、URL を発行して、その URL に送信した HTTP リクエストをブラウザで確認できる Web サービスです。

Mockbin はソラコムが提供するサービスではありません
  • ソラコムは、Mockbin に関するサポートを行いません。
  • Mockbin に転送されたデータの取り扱いを含むサービスの利用にあたってのプライバシーポリシーは Mockbin に準じます。ご不明な点は Mockbin の運営会社へお問い合わせください。
SORACOM Beam の利用料金が発生します
SORACOM Beam の利用には料金が発生します。詳細は SORACOM Beam のご利用料金 を参照してください。
Enterprise ボタンのデータを連携するパターンについて
Amazone Web Services (AWS) や、Microsoft Azure、Google Cloud、IBM Cloud にデータを連携することもできます。詳しくは、SORACOM LTE-M Button と各種クラウドサービスを連携する を参照してください。
SORACOM LTE-M Button Plus でも同様に設定すると、ボタンクリック時のデータを Mockbin へ転送できます。

準備 

あらかじめ、ユーザーコンソールに SORACOM LTE-M Button for Enterprise を登録 してください。

ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する 

  1. https://mockbin.org/ にアクセスし、[Create Bin] をクリックします。

    Bin Builder 画面が表示されます。

  2. 設定を変更せずに、[Create Bin] をクリックします。

    URL が発行されます。この URL には、ステップ 3: ボタンをクリックして Mockbin でデータを確認する でアクセスします。ブックマークなどに保存してください。

  3. ブラウザのアドレスバーに表示されている /bin/XXXXX/ (先頭の https://mockbin.org および末尾の view を除く) をコピーして、テキストエディタなどに控えます。

    この値は、ステップ 2: Beam を設定する で使用します。

ステップ 2: Beam を設定する 

  1. SORACOM ユーザーコンソール にアクセスし、[Menu][ガジェット管理][LTE-M Button for Enterprise] の順にクリックします。

  2. Beam を設定する Enterprise ボタンにチェックを入れ、[SIM グループを編集] をクリックします。

  3. [SORACOM Beam 設定][+][UDP → HTTP/HTTPS エントリポイント] の順にクリックします。

  4. 以下の項目を設定し、[保存] をクリックします。

    指示がない項目は変更しないでください。

    項目説明
    [ホスト名]mockbin.org
    [パス]/bin/XXXXX/
    (末尾の view を除く)
    ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する の最後の手順でコピーした文字列をペーストします
    [IMSI ヘッダ]ONどの Enterprise ボタンが押されたかを、転送先のサーバー (Mockbin) で識別するために利用します
    [ステータスコードを省略]OFFサーバーからのレスポンスを Enterprise ボタンに返すかどうかを設定する項目です。Enterprise ボタンはレスポンスボディが 2 で始まると成功とみなし、それ以外を失敗とみなすため、OFF のまま使用してください

ステップ 3: ボタンをクリックして Mockbin でデータを確認する 

  1. ボタンをシングルクリックします。

    LED が約 10 秒間オレンジで点滅したあと、約 3 秒間緑色に点灯します。

    緑色に点灯しない場合は
    • 約 5 秒間赤色に点灯した場合は、基地局との接続に失敗しています。電波状況の良いところで再度試してください。
    • 約 5 秒間赤色に点滅した場合は、電池残量が不足しています。電池を交換してください。
  2. 緑色に点灯した場合は、Mockbin のページで [View History] をクリックします。

    Mocbin のページは、ステップ 1: 転送先として Mockbin を構成する でブックマークに保存したページです。

  3. 確認するデータの をクリックします。

    [Request Details] および [Request Body] に、Mockbin に転送されたデータが表示されます。

    特に、以下のデータを確認してください。

    データ説明
    x-soracom-imsi ヘッダー
    ([Request Details]headers[].name = x-soracom-imsi)
    Enterprise ボタンの SIM の IMSI。
    x-soracom-geo-position ヘッダー
    ([Request Details]headers[].name = x-soracom-geo-position)
    緯度および経度 (簡易位置測位機能を有効にした場合)。
    緯度;経度。緯度は -90 ~ 90、経度は -180 ~ 180 です。
    clickType
    ([Request Body] を参照)
    クリックの 3 つのタイプ (数値)。
    1: シングルクリック、2: ダブルクリック、3: 長押し のいずれか
    clickTypeName
    ([Request Body] を参照)
    クリックの 3 つのタイプ (文字列)。
    SINGLE: シングルクリック、DOUBLE: ダブルクリック、LONG: 長押し のいずれか
    batteryLevel
    ([Request Body] を参照)
    バッテリーレベル。
    0.250.50.751.0 の四段階
    binaryParserEnabled
    ([Request Body] を参照)
    バイナリパーサー の有効/無効。
    true: 有効、false: 無効

ステップ 4: (任意) 位置情報を送信する 

簡易位置測位機能を有効にすると、x-soracom-geo-position ヘッダーに 緯度;経度 の形式で Enterprise ボタンの緯度と経度が挿入されます。

  • 簡易位置測位機能は、ボタンをシングルクリック、ダブルクリック、長押ししたときの Enterprise ボタンの位置が 1 回だけ送信される機能です。Enterprise ボタンが移動した経路を取得するには、定期的にボタンを操作してください。
  • 簡易位置測位機能の利用には料金が発生します。詳しくは、特定地域向け IoT SIM のご利用料金 を参照してください。
  1. LTE-M Button for Enterprise 管理画面 を表示します。

  2. 位置情報を送信する Enterprise ボタンにチェックを入れ、[デバイス設定変更] をクリックします。

  3. [位置情報を付与する (簡易位置測位機能)] にチェックを入れ、[保存][デバイス一覧に戻る] の順にクリックします。

  4. ステップ 3: ボタンをクリックして Mockbin でデータを確認する の手順を行い、データを確認します。

    Mockbin の [Request Details]x-soracom-geo-position が挿入されます。

      ...
      "headers": [
        ...
        {
          "name": "x-soracom-geo-position",
          "value": "35.6697898;139.744167845935"
        }, ...
      }
      ...
    
Beam では位置情報はヘッダーに含まれます
簡易位置測位機能のデータフォーマットは、送信に利用するサービスによって異なります。詳しくは、簡易位置測位機能のデータフォーマット を参照してください。