Soracom

Users

スタートガイド

SORACOM LTE-M Button for Enterprise でできること

SORACOM LTE-M Button for Enterprise (以下、Enterprise ボタン) は、ボタンをクリック (シングルクリック、ダブルクリック、または長押し) したことをトリガーに、Enterprise ボタンのおおよその位置や電池残量などを、パブリッククラウドに保存したり、メールで送信したりできるデバイスです。

SORACOM LTE-M Button for Enterprise の連携クラウド SORACOM LTE-M Button for Enterprise の連携クラウド

※1 Enterprise ボタンは、Unified Endpoint にデータ (クリック種別、バッテリ残量など) を送信します。データの送信先は、Enterprise ボタンの SIM グループで設定します。

※2 メール送信を有効化すると、ソラコムが管理する Function にデータが送信され、管理者あてにメールを送信できます。詳しくは、ボタンクリック時にメールを送信する を参照してください。

※3 可視化を有効化すると利用できます。詳しくは、ボタンクリック時のデータを SORACOM Harvest Data で確認する を参照してください。

Unified Endpoint に送信されたデータの転送先について

一方で、Unified Endpoint に送信されたデータは、SORACOM BeamSORACOM FunnelSORACOM Funk を利用して、任意のサーバーや、パブリッククラウド (*1) などに送信できます。また、SORACOM Harvest (SORACOM Harvest Data) を利用してデータを保存し、SORACOM Lagoon で確認することもできます。

メール送信機能では SORACOM Funk を利用しています

メール送信機能では SORACOM Funk を利用し、ソラコムが管理する Function を呼び出してメールを送信します。SORACOM Funk の設定を変更すると、メールが送信されません。

SORACOM ユーザーコンソールによる簡単な設定

Enterprise ボタンの設定は、すべて SORACOM ユーザーコンソールで変更できます。

設定方法の詳細は、Getting Started の以下のページを参照してください。