Soracom

Users

スタートガイド

SORACOM LTE-M Button Plus の製品仕様

各部の名称 

SORACOM LTE-M Button Plus

  • (*) ストラップは付属していません。

基本仕様 

項目仕様
通信方式LTE Cat.M1
対応 BandB26
サイズ約 97 × 33 × 14mm (厚み:フロントラベル 0.2mm 含む)
重量50g (電池含む)
入力ボタン (シングルクリック/ダブルクリック/長押し)
表示LED 2 色 3 パターン (赤/緑/橙)
電池アルカリ単 4 電池 x 2 本 (同梱電池:LR03 (GD) 日立マクセル)
電池交換交換可能
防水/防塵-/IP4X

コネクタ端子仕様 

項目仕様
使用コネクタ日本圧着端子製造株式会社
S2B-ZR-SM4A-G-TF (LF) (SN)
接続先日本圧着端子製造株式会社
ハウジング:ZHR-2、コンタクト:SZH-002GA-P0.5
信号検知Open→Close の片エッジ
極性無し
接点入力条件Open:端子間抵抗 1MΩ 以上
Close:端子間抵抗 200Ω 以下

ご利用にあたってのご注意事項 

  • コネクタはしっかり奥まで差し込み、抜き挿しは多く繰り返さないでください。また、接続したコネクタ部には強い力がかからないようにしてください。
  • コネクタに電圧を印加しないでください。コネクタには電圧がかかっており、接続機器には電圧 DC3.6V/電流 1mA の耐性が必要となります
  • コネクタ端子を取り扱う場合は、帯電防止マットやアースバンドを使用し、静電気が発生しないように注意してください。静電気が発生すると本製品が故障する可能性があります。
  • 配線はノイズ発生源 (リレー駆動線や高周波ライン等) の影響を受けないよう配線してください。ノイズが重畳している配線と共に結束したり、同一ダクト内に収納したりすることは避けてください。
  • ボタン押し、もしくは Close を続けても、連続送信は行わず 1 回の操作として扱い、次の入力操作も受け付けません。再度送信する場合は一度 Open にする必要があります。また、Close 状態を維持し続けた場合、その間の消費電力が増加します。通常時は Open になるようにシステム設計をしてください。

4G 仕様 (Band26) 

通信方式 : 無線チャネルアクセス方式

  • 下り回線: FDD OFDMA 方式
  • 上り回線: FDD SC-FDMA 方式

使用周波数帯

  • チャネル帯域幅 : 5 MHz
    • 移動局受信 : 862.5 MHz - 887.5 MHz
    • 移動局送信 : 817.5 Mhz - 842.5 Mhz
  • チャネル帯域幅 : 10 MHz
    • 移動局受信 : 865.0 MHz - 885.0 MHz
    • 移動局送信 : 820.0 Mhz - 840.0 Mhz
  • チャネル帯域幅 : 15 MHz
    • 移動局受信 : 867.5 MHz - 882.5 MHz
    • 移動局送信 : 822.5 Mhz - 837.5 Mhz

送受周波数間隔 : 45 MHz

変調方式

  • 上り 情報変調 : QPSK, 16QAM
  • 下り 情報変調 : QPSK, 16QAM, 64QAM

出力 : +23dBm +87%/-79%

アンテナ : 内蔵アンテナ

  • インピーダンス : 50 Ω
  • 形式 : 1/4 λ モノポール
  • 利得 : 800 MHz 帯 : -1.7 dBi

クリック種別 

種別説明
シングルクリック短く (1.2 秒未満) 1 回押す
ダブルクリック2 秒以内にシングルクリックを 2 回行う
長押し1.2 秒以上押し続ける

LED 表示 

LED 表示状態
橙点滅 (1 回/秒)ネットワーク接続試行中
橙点灯データ通信中
緑点灯 (3 秒間)データ通信成功
赤点滅 (5 秒間)電池残量不足
赤点灯 (5 秒間)ネットワーク接続エラー
データ通信エラー
ユーザーコンソールの LTE-M Button for Enterprise 管理画面 で SORACOM Harvest Data などのサービス利用を設定しないと、データ通信エラーとなります