MENU

Soracom

Users

IoT スターターキット for Arduino の開発環境を準備する

IoT スターターキット for Arduino を用いた開発を行う時には、下記ソフトウェアを利用します。

  • Arduino IDE (バージョン 1.8.10 以上)
  • 依存するソフトウェア
    • CP2102 USB Driver

ステップ 1: USB ドライバーをインストールする

Arduino IDE で開発したスケッチを書き込む際に必要なドライバーです。 CP2102 USB Driver の DOWNLOADS タブからご利用の OS に応じた USB ドライバーをダウンロードしてインストールしてください。

macOS Big Sur をご利用の場合は USB ドライバーのインストールは不要です。この手順はスキップしてください。

Download USB Driver

ドライバーのインストールが完了したら、Grove Beginner Kit for Arduino を PC の USB ポートに接続し、以下を確認してください。

  • Windows の場合: マイコンピュータプロパティハードウェアデバイスマネージャSilicon Labs CP210x USB to UART Bridge (COM3) が表示されること。(お使いの環境によっては COM6 など別のシリアルポートにアサインされている可能性があります。こちらは適宜読み替えて下さい。)
  • macOS の場合: この Mac についてシステムレポート...USBCP2102N USB to UART Bridge Controller が表示されること。

ステップ 2: Arduino IDE をインストールする

IoT スターターキット for Arduino の開発 (スケッチ作成、コンパイル、バイナリファイル転送)には、Arduino IDE を利用します。 Arduino のサイトから Arduino IDE をダウンロードし、インストールしてください。

Download Arduino IDE

ボードの選択

IoT スターターキット for Arduino を Arduino IDE で扱うための設定をします。

  1. Arduino IDE を起動します。
  2. Arduino IDE の [ツール] > [ボード] から Arduino Uno を選択します。 Select Board
  3. ご利用の OS に応じて以下のとおりポートを設定します。(以下は macOS の場合) Select Port for MaxOS
  • Windows の場合: Arduino IDE の ツールポート から USB ドライバーインストール後に確認したシリアルポート(COM3 など)を選択します。
  • macOS の場合: Arduino IDE の ツールシリアルポート から /dev/cu.SLAB_USBtoUART を選択します。(macOS Big Sur をご利用の場合は /dev/cu.usbserial-0001 を選択してください。)
Windows では Arduino IDE を初めて起動するときにファイアウォールのウィンドウが開くことがあります。この時は「プライベートネットワーク」「パブリックネットワーク」双方にチェックを付けてください。