MENU

Soracom

Users

IoT スターターキット for Arduino の開発環境を準備する

IoT スターターキット for Arduino を用いた開発を行う時には、下記ソフトウェアを利用します。

  • Arduino IDE (バージョン 1.8.10 以上)
  • 依存するソフトウェア
    • CP2102 USB Driver

USB ドライバーのインストール

Arduino IDE で開発したスケッチを書き込む際に必要なドライバーです。 CP2102 USB Driver の DOWNLOADS タブからご利用の OS に応じた USB ドライバーをダウンロードしてインストールしてください。

macOS Big Sur をご利用の場合は USB ドライバーのインストールは不要です。この手順はスキップしてください。

Download USB Driver

ドライバーのインストールが完了したら、Grove Beginner Kit for Arduino を PC の USB ポートに接続し、以下を確認してください。

  • Windows の場合:マイコンピュータ > プロパティ > ハードウェア > デバイスマネージャー に Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge (COM3) が表示されること。(お使いの環境によっては COM6 など別のシリアルポートにアサインされている可能性があります。こちらは適宜読み替えて下さい。)
  • macOS の場合:この Mac について > システムレポート… > USB に CP2102N USB to UART Bridge Controller が表示されること。

Arduino IDE のインストール

IoT スターターキット for Arduino の開発 (スケッチ作成、コンパイル、バイナリファイル転送)には、Arduino IDE を利用します。 Arduino のサイトから Arduino IDE をダウンロードし、インストールしてください。

Download Arduino IDE

ボードの選択

IoT スターターキット for Arduino を Arduino IDE で扱えるようにするための設定をします。

  1. Arduino IDE を起動します
  2. Arduino IDE の [ツール] > [ボード] から Arduino Uno を選択します。 Select Board
  3. ご利用の OS に応じて以下のとおりポートを設定します。(以下は macOS の場合) Select Port for MaxOS
  • Windows の場合:Arduino IDE の [ツール] > [ポート] から USB ドライバーインストール後に確認したシリアルポート(COM3 など)を選択します。
  • macOS の場合:Arduino IDE の [ツール] > [シリアルポート] から /dev/cu.SLAB_USBtoUART を選択します。(macOS Big Sur をご利用の場合は /dev/cu.usbserial-0001 を選択してください。)
Windows では Arduino IDE を初めて起動するときにファイアウォールのウィンドウが開くことがあります。この時は「プライベートネットワーク」「パブリックネットワーク」双方にチェックを付けてください。