Soracom

Users

スタートガイド

デバイス稼働時間を SORACOM Harvest Data へ送信する

SORACOM Harvest Data (以下、Harvest Data) LTE-M Shield の稼働時間 (uptime) を送信できます。

ステップ 1: SORACOM Harvest Data を有効化する

LTE-M Shield に取り付けた IoT SIM を、SORACOM Harvest Data を有効化したグループに所属させます。詳しくは、Harvest Data を有効化する を参照してください。

ステップ 2: Arduino スケッチを作成する

LTE-M Shield for Arduino の初期設定 が完了していることを確認してください。

サンプルスケッチの書き込み

  1. サンプルスケッチ send_uptime_with_soracom.ino をウィンドウに貼り付けて保存します。
  2. ウィンドウの [丸印に → アイコン] (マイコンボードに書き込む) をクリック。
  3. Arduino IDE のウィンドウ下部に「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されたら、正常に書き込みが完了しています。

このサンプルスケッチは Grove Beginner Kit for Arduino の代わりに Arduino UNO R3 をご利用いただいた場合でも動作します。

ステップ 3: 送信されたデータを確認する

以上で SORACOM Harvest 上で下図のように稼働時間が表示されるようになります。

また Arduino IDE のシリアルモニタでシリアルポートを開くと、下図のように IoT スターターキット for Arduino からの出力を見ることができます。

シリアルモニタに表示される出力が文字化けする場合は、シリアルモニタとスケッチのボーレートが一致していない可能性があります。下図の赤枠がスケッチ側のボーレート (CONSOLE.begin(115200); の数値) と一致していることを確認してください。

Blink onboard LED Seeediuno Blink onboard LED Seeediuno

カスタマイズ例

スケッチ例は 60 秒に 1 回の送信となっています。送信間隔を変更する場合はスケッチ内の #define INTERVAL_MS (60000) にミリ秒で指定してください。