Soracom

Users

スタートガイド

よくあるお問い合わせ

サンプルスケッチ send_uptime_with_soracom.ino 実行時に想定どおり動作しない場合は、以下をご確認ください。

スケッチ実行時にモデム名が表示されない 

send_uptime_with_soracom.ino 実行時には以下のようにモデム名 (Quectel BG96 Revision: BG96MAR03A04M1G) が表示されます。

Modem name

モデム名が表示されない場合は以下を確認してください。

  1. LTE-M Shield for Arduino のジャンパーが以下の写真のようになっていることを確認する。

    Correct Jumper

  • もし上の写真のようになっておらずに以下の写真のようにジャンパーが外れている場合は嵌め直してください。

    Invalid Jumper

  1. LTE-M Shield for Arduino のスイッチが以下の写真のように ON になっていることを確認する。

    Switch ON

  • もし上の写真のようになっておらずに以下の写真のように OFF になっている場合はスイッチを押下して ON にしてください。

    Switch OFF

スケッチ実行時に waitForNetwork() から先に進まない 

このような場合には、以下を実行してください。

  1. モデムに対して AT コマンドを実行できるサンプルスケッチ serialbridge_lte-m_shield_for_arduino.ino を Arduino IDE のウィンドウに貼り付けて保存。
  2. ウィンドウの 丸印に → アイコン (マイコンボードに書き込む) をクリック。
  3. Arduino IDE のウィンドウ下部に「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されたら書き込み完了。
  4. Arduino IDE の[ツール] > [シリアルモニタ] を開き、ボーレートを 9600 bps に設定。
  5. >> Waiting for your AT command と表示されたら、シリアルモニタのウィンドウに以下の 4 つの AT コマンドを貼り付けて「送信」ボタンをクリック。(或いは Enter キーを実行。)
AT+CGDCONT=1,"IP","soracom.io","0.0.0.0",0,0,0,0
AT+QCFG="nwscanmode",0,0
AT+QCFG="iotopmode",0,0
AT+QCFG="nwscanseq",00,1

AT コマンド実行前

AT Command1

AT コマンド実行後

AT Command2

AT コマンド実行後に改めて、ステップ 3 の 2-6. サンプルスケッチ send_uptime_with_soracom.ino の書き込みから再開ください。