MENU

Soracom

Users

開発環境のセットアップ

当ライブラリの利用にあたっては LoRa デバイスのセットアップが必要です。事前に SORACOM Air for LoRaWAN Getting Started に沿ってセットアップを済ませておいてください。

Arduino 開発環境のセットアップ

まずは Arduino 公式 Web サイトの Getting Started Guide に沿って最新バージョンの開発環境を準備します。Arduino から提供されている開発環境は 2 種類あり、PC にインストールして使うタイプの Arduino Desktop IDE と、Web ブラウザ上でスケッチを編集できる Arduino Web Editor が用意されていますが、このドキュメントでは Desktop IDE のセットアップ方法を解説します。

Arduino Desktop IDE のインストール

Arduino Desktop IDE (以降、IDE と記します)は、オフラインでも利用可能な Arduino スケッチ開発環境です。Arduino 公式 Web サイトの Getting Started Guide にアクセスし、「Install the Arduino Desktop IDE」の中にあるリンクから自分の PC の OS をクリックします。各 OS での操作方法が表示されますので、手順を見ながらインストールを進めてください。

ライブラリのセットアップ

IDE のインストールが完了したら、Arduino library for LoRaWAN Device をインストールします。

ライブラリファイルのインストール

当ライブラリは GitHub で公開しています。ZIP 形式でファイルをダウンロードし、IDE でインストールを行って下さい。

  • GitHub リポジトリにアクセスし、画面上の「Source code (zip)」リンクをクリックして、ZIP ファイルをダウンロードします。
  • IDE を起動し、メニューバー > スケッチ > ライブラリをインクルード > .ZIP 形式のライブラリをインストール を選択します。

IDE menu

  • ファイル選択画面が表示されたら、先に GitHub からダウンロードした ZIP ファイルを指定し「選択」ボタンをクリックします。
  • IDE の画面下部に「ライブラリが追加されました。「ライブラリをインクルード」メニューを確認してください」とメッセージが表示されたらインストール完了です。