Soracom

Users

リソース

CLI の使用

SIM の一覧を取得する

$ soracom subscriber list
[
  {
    (SIMの情報)
  },
  :
  {
    (SIMの情報)
  }
]

出力された JSON フォーマットのデータから特定のパラメータを抜き出すには jq コマンドが有用です。

$ soracom subscriber list | jq -r '.[].imsi' | tee imsi.txt
001010000000000
001010000000001
001010000000002
      :

複数の SIM に対して、プランを s1.fast に変更する

$ soracom subscriber update_speed_class --imsi $(cat imsi.txt) --type s1.fast
[
  {
    (変更後のSIMの情報)
  },
  :
  {
    (変更後のSIMの情報)
  }
]

コマンドライン補完 

利用しているシェルが bash/zsh であれば、

eval "$(soracom complete)"

.bashrc.zshrc などに書くことで、soracom コマンドのコマンド名補完が可能です。

$ soracom [tab]
~$ soracom
auth           stats
event_handler  subscriber
group          support
sim            version

$ soracom sub[tab]

$ soracom subscriber [tab]
activate
deactivate
delete_tag
disable_termination
enable_termination
help
list
register
set_expiry_time
set_group
terminate
unset_expiry_time
unset_group
update_speed_class
update_tags

$ soracom subscriber li[tab]
$ soracom subscriber list