Soracom

Users

開発者向けツール

SORACOM API Sandbox 利用ガイド

SORACOM API Sandbox (以降、Sandbox) とは、SORACOM API の利用方法を学習したり、API を試したりできる環境です。Sandbox で実行された API は実際の IoT SIM には影響しないため、API を呼び出すことが難しいような処理 (解約など) を試せます。事前に SORACOM API 利用ガイド を参照し SORACOM API の概要をご確認ください。

  1. Sandbox は、一部本番環境とは異なる動作をする場合があります。 例えば、イベントハンドラーを設定することはできますが、そのイベントハンドラーは現状では条件が整っても起動されません。
  2. Sandbox に保存された情報は、永続化を保証しません。 SORACOM 側の都合でデータベースのクリーンアップなどすることがあります。したがって、SORACOM API Sandbox を使って CI (Continuous Integration: 継続的インテグレーション) などを行う場合は、毎回オペレーターの作成 (サインアップ) から環境を構築してテスト等を行ってください。そのための Sandbox 専用 API を用意しています。
  3. Sandbox はベストエフォートで提供されるサービスです。 バージョンアップなどのため予告なくメンテナンスを実施することがあります。Sandbox に関するお問い合わせは、通常通りサポートより受け付けていますが、本番環境に関するお問い合わせ対応を優先させていただくものとします。
  4. Sandbox の利用にあたっては、本番環境のアカウントを所有している必要があります。

Getting Started

リファレンス