Soracom

Users

開発者向けツール

SORACOM API のカバレッジタイプによる違い

カバレッジタイプによって、SORACOM API のエンドポイントが異なります。操作対象のカバレッジタイプに応じて適切な API エンドポイントを使用してください。

カバレッジタイプエンドポイント
グローバルカバレッジ以下のエンドポイントを使用します。
  • https://g.api.soracom.io
日本カバレッジ以下のいずれかのエンドポイントを使用します。どちらを呼び出しても効果は同じです。
  • https://api.soracom.io
  • https://jp.api.soracom.io
カバレッジタイプを超えてサービスを利用することはできません

グローバルカバレッジと日本カバレッジでは、ほぼ同じ内容のサービスを提供していますが、完全に分離されています。そのため、カバレッジタイプ を超えてサービスを利用することはできません。たとえば、グローバルカバレッジの SORACOM IoT SIM を利用している IoT デバイスと、日本カバレッジの特定地域向け IoT SIM を利用している IoT デバイスでは、SORACOM Gate によるデバイス間通信はできません。

API キーと API トークンはカバレッジタイプを超えて利用できます

グローバルカバレッジのエンドポイントを利用して発行した API キーと API トークンで、日本カバレッジのエンドポイントを利用して SORACOM API を呼び出せます。

つまり API キーと API トークンを発行する際に、カバレッジタイプを意識する必要はありません。一方で、SORACOM API を呼び出すときは、操作対象のサービスのカバレッジタイプを意識してください。たとえば、グローバルカバレッジのエンドポイント (https://g.api.soracom.io) を利用すると、日本カバレッジの IoT SIM の情報は取得できません。