Soracom

Users

開発者向けツール

curl コマンドを利用して API を呼び出す

このページでは、例として SORACOM API で IoT SIM の情報を取得する操作を説明します。

ステップ 1: API キーと API トークンを発行する

SORACOM API を呼び出す際は、API キーと API トークンが必要です。詳しくは、API キーと API トークンを発行する を参照してください。

ステップ 2: API を呼び出し Subscriber の情報を取得する

次に、listSubscribers API を呼び出し、Subscriber の一覧を取得してみましょう。 先ほど取得した API キーと API トークンを、それぞれリクエストの X-Soracom-API-Key ヘッダーと X-Soracom-Token ヘッダーに指定して送信します。

$ curl  -X GET \
      -H "X-Soracom-API-Key: {先ほど取得した APIキー}" \
      -H "X-Soracom-Token: {先ほど取得した API トークン}" \
      https://api.soracom.io/v1/subscribers

# Response:
# 200 OK
#
# [
#   {
#     "imsi": "44010xxxxxxxxxx",
#     "msisdn": "8180xxxxxxxx",
#       :
#   },
#   :
# ]

Operator に Subscriber が 1 つでも登録されていれば、上記のように Subscriber の一覧が JSON 形式で取得できます。

ステップ 3: API を呼び出し Subscriber の速度クラスを変更する

続いて、この JSON に含まれる IMSI (International Mobile Subscriber Identity) を指定して、その IoT SIM の速度クラスを変更してみましょう。

$ curl  -X POST \
      -H "X-Soracom-API-Key: 先ほど取得した API Key" \
      -H "X-Soracom-Token: 先ほど取得した Token" \
      -H "Content-Type: application/json" \
      -d "{\"speedClass\":\"s1.fast\"}" \
      https://api.soracom.io/v1/subscribers/${SIMのIMSI}/update_speed_class

# Response:
# 200 OK
#
# {
#   "imsi": "44010xxxxxxxxxx",
#   "msisdn": "8180xxxxxxxx",
#      :
#   "speedClass": "s1.fast",
#      :
# }

Response Code: 200 OK が返り、Response Body に含まれている IoT SIM の速度クラスが変更されていることが確認できます。

Windows のコマンドプロンプト (cmd.exe) から API 呼び出しを行う場合、リクエストボディに JSON を指定するときに注意が必要です。コマンドプロンプトでは、"" (ダブルクォーテーション) で囲まれた文字列は "" 内の文字列だけが意味を持ち、文字列を囲んでいるダブルクォーテーションは削除されます。また、" 単体ではダブルクォーテーションの文字そのものとして解釈されます。

たとえば、JSON {"key":"value"} を Windows のコマンドプロンプトでは "{"""key""":"""value"""}" と書きます。

速度クラスを変更したときの注意事項については、IoT SIM の速度クラスを変更する を参照してください。