MENU

Soracom

Users

認証の頻度を減らす

subscribers listsubscribers update-speed-class といったコマンドは実行のたびにプロファイルに記載された認証情報をもとに API key, API token を発行しています。1 つのスクリプトで複数の SORACOM CLI コマンドを使用する場合などは soracom auth コマンドで発行した API key, API token を使いまわすことで毎回の発行を省略できます。

jq コマンドが使える Linux などの環境であれば以下のように API key, API token の取得と利用ができます。SAM ユーザーを作成して AuthKeyIdAuthKey を発行する方法は アクセス管理 (SORACOM Access Management) をご参照ください。

auth_info=$(soracom auth --auth-key-id [AuthKeyId] --auth-key [AuthKey])
api_key=$(echo ${auth_info} | jq -r '.apiKey')
api_token=$(echo ${auth_info} | jq -r '.token')
soracom subscribers list --api-key ${api_key} --api-token ${api_token}